『  人生に役立つかもしれない天文学 チャンスについての知識 』

大学生の頃、わたしは天文研究会という

サークルに参加していました。

 

もともと物理専攻ということもあり、

天文には興味はあったのですが、

大学一回生の終わり、今から約30年程前に、

とても魅力的な天文イベントに遭遇しました。

 

 

『ハレー彗星』の回帰です。

 

1986年2月9日に地球に最も接近(近日点)しました。

ご存知ない方に、少し紹介しますと。

 

ハレー彗星は、

約76年周期で地球に接近する短周期彗星である。

 

多くの周期彗星の中で最初に知られた彗星であり、

古来より多くの文献に記録されている。

 

前回は1986年に回帰し、次回は2061年

夏に出現すると考えられている。

 

前回の近日点: 1986年2月9日

次回の近日点予測: 2061年7月28日

発見日: 1705年

軌道: 太陽周回軌道

発見者: エドモンド・ハレー

(ウィキペディアより)

 

 

当時の観測は、

オーストラリアがより良い観測地とされ、

数多くのツアーが企画されたりしていました。

 

知人は、オーストラリアのエアーズロックに、

実際に行って観測し、

後に数多くの写真を見せて貰った記憶があります。

 

その当時、

海外への渡航経験がなかった私は、

渡航する決断にまでは至れませんでした。

 

父と2人で、日本でも比較的観測が可能とされる、

紀伊半島まで行き、観測しました。

 

決して良い観測条件では無かったのですが、

肉眼ではっきりと彗星特有の尾っぽがはっきり

くっきりと見えたのを印象的に覚えています。

 

この2年後に海外に行くことになるのですが、

今思えば、一生で一度のチャンスだったので、

このことは後悔かなと思っています。

 

次回、

回帰の2061年(96歳)まで、

生きていれば見ることはできるのですが(><)。

人の一生はわかりませんが。。

 

天文現象は、興味のない方にとっては全く、

関心がわかないようですが、

人間のバイオリズムなどに直結している要素もあり、

わたしはとても興味深い学問に思っています。

 

この時の教訓のように、

チャンスがめぐってくるとわかっていても

見逃すことも多々あるかと思います。

 

人生においてチャンスというのは、

いつ巡ってくるかは、わかりません。

 

チャンスが巡ってきていても、

チャンスと認識していなく、

見逃したりしてしまうこともあります。

 

目の前にあるチャンスを見逃すことのないように、

常に自分のパフォーマンスを引き出せるような

準備をしておきましょう。

 

あなたにとってチャンスかもしれない

Dreamers Project

見逃すのもあなた自身、

チャンスをGetするのもあなた自身、

期間限定の間に入手しておくことを

おススメします。

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございます。

今週の1冊
脳科学マーケティング100の心理技術

Sam

P.S.
クリスマスプレゼント無料配布中!
期間限定12月25日までとさせて頂きます。
実践すれば、必ず成果が出るマニュアルです。

クリスマスプレゼント フォーム

ブログランキング参加中です(^^♪
ひと押し頂くと嬉しいです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top