『 リスク と リターンの思考 』

今回は、

そろそろボーナスシーズン

到来ということで

投資に関するお話しです。

 

 

2016年冬のボーナス平均額は、

大手企業では平均92.7892万円で

前年比 0.84%アップとのことです。

 

 

一般的に、

冬と夏のボーナスを比較すると

冬は消費型、

夏は貯蓄型

と言われていて自由度が低いです。

 

ちなみに、

冬のボーナス使い道金額 トップ3は

「貯金」

「ローン返済」

「教育費」

のようです。

 

日本人は特にリスクを極力嫌う人種で、

リスクを伴う商品においては

かなり慎重姿勢です。

 

 

リスクを取らずして、

リターンを獲得すること

まず、難しいです。

 

 

では、

いったいリスクとリターンとは、

一体なんなのでしょうか?

 

① リターン  10 リスク  1

② リターン 100 リスク 100

 

さてここで問題です。

 

①と②のケースがあった場合

あなたはどちらを選考するでしょうか?

 

投資の尺度に、シャープレシオ(効率係数)
というものがあります。

 

シャープレシオ = (リターン)/(リスク)

 

本当の計算式はもう少し複雑なのですが、

かなり、簡略しています。

 

同じリスクを取った場合に、

いずれの方がより超過のリターンを

得れるのかを図るものです。

 

具体的に見ていくと、

①のシャープレシオ
10/1 = 10
②のシャープレシオ
100/100 = 1

 

①と②を比較すると10倍投資効率が違います。

 

直感的にもわかる比較にしましたが、

シャープレシオで比較すると、

よりわかりやすくリスク度合いが

ご理解いただけると思います。

 

 

一般的には、

費用対効果もしくは、

投資効率と言われていて、

人間は自然と身に備わっています。

 

とかく金融商品などにおいては、

預金利率などより良いからなどの

セールストークが見受けられますが、

単純にリターンの比較だけに陥りがちで

この点よく注意しなければならない点になります。

 

もう少し詳しい具体例で、見てみましょう。

『日本国をリスクと考えない』という考えで、

日本におけるもっとも安全な資産は、

日本国債になります。

10年物の日本国債の利回りは、0.050%程度
(12/9現在)です。なので、

最初の前提でもっとも安全な資産運用の手段となります。

 

逆に、
0.050%超の利回りが見込める投資案件が

あったとすると、

 

必ず、

何かの部分においてのリスクを

とっているということになります。

 

誤解のないように、付け加えさせて頂きますが、

 

私は、

『日本国債』が安全ですからいいですよ

などとは一言も申し上げていません。

 

また、

『何かの部分においてのリスク』を

ご自身で理解した上で、

運用されることをお勧めいたします。

 

ビジネスをする上においても、

同じことが言えると思います。

 

常に、

リスクとリターンを切り離さずセットで

リスクファクターをどう取られるかが、

非常に重要なポイントなると思います。

 

上手い話には、リスクを伴いないます。

 

費用対効果のチェックお忘れなく。

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございます。

今週の1冊
脳科学マーケティング100の心理技術

Sam

P.S.
クリスマスプレゼント無料配布中!
期間限定12月25日までとさせて頂きます。
実践すれば、必ず成果が出るマニュアルです。

クリスマスプレゼント フォーム

ブログランキング参加中です(^^♪
ひと押し頂くと嬉しいです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top