『 コピー と リサーチ 』

今回のお話は、

コピーとリサーチに関する考察になります。

 

著名な天才コピーライターは、

リサーチに4~7割は、

時間を割くと言われているそうです。

 

 

リサーチは、

コピーライティングの中でも、

非常に重要な要素の1つだと言われています。

 

 

コピーライディングが、

売上をアップさせてくれるという解釈が

ありますが、これは大きな誤解で

コピーライティングにはそんな

魔法のような存在ではありません。

 

 

世界一のコピーライター、

世界一のマーケッター

と言われる伝説の人、

故)ゲイリー・ハルバートは、

「強いオファーは

弱いコピーを克服できるが、

弱いオファーを強いコピーで

克服することはとても難しい」

 

というとても有名な言葉を残しています。

 

このようにコピーは、

オファーを越えることはできないのです。

 

(コピー) < (オファー)

 

よって、

コピーを書くことよりも、

むしろ強いオファーを書くことに

意識した方が良いです。

 

ここで、

強いオファーを考える際、

どうしても必要になってくるのが

リサーチになります。

 

では、そのリサーチは具体的に、

どのようにやっていけば良いのかについて、

まず最初に重要になるのがペルソナというものです。

 

ペルソナとは、

ターゲットのお客様像を

詳細まで設定するというものです。

 

名前から、性別、年齢、職業、

家族構成、年収、趣味、居住区、

興味や関心、ライフスタイルや価値観

というようにできるだけ細かく設定します。

 

ターゲットを明確にする理由は、

ターゲットが明確になっていない

とどうしてもボヤけたコピーに

なってしまうからです。

 

ペルソナの次に重要となるのが、

商品のリサーチになります。

 

商品のリサーチをせずに

コピーを書き始める方がたまにいますが、

商品の良さが分からないと、

コピーを書くことはできません。

コピーは商品を越えることはできないのです。

 

コピーが商品を越えてしまうと、

それはすなわち誇大広告や詐欺に

なってしまいます。

 

商品のリサーチでは、

商品のベネフィットを見つける作業を行います。

 

そして、

ターゲットに対して、

どのような強いオファーを打ち出せるのか?

ということも考えてゆきます。

 

商品のリサーチの次に行うのが

見込み客のリサーチです。

見込み客はどのような偏見を持っているのか?

見込み客はどのような欲求を持っているのか?

見込み客はどのような感情を持っているのか?

 

 

ということをリサーチしていきます。

そして、

最後に行うのが、
マーケットのリサーチになります。

業界のトレンドはどうなっているのか?

業界の中で何番手なのか?

ライバルはどのような

プロモーションやオファーを出しているのか?

ということなどを具体的にリサーチしてゆきます。

以下まとめると次のようになります。

 

1 ペルソナ(ターゲットの明確化)
2 商品のリサーチ
3 見込み客のリサーチ
4 マーケットのリサーチ

 

を行うことによって、

みなさんのコピーが素晴らしく生まれ変わります。

ぜひ、
みなさんも活用してみてはいかがでしょうか?

 

Sam

ひと押し頂くと嬉しいです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top