元金を2倍にする方法、複利運用と「72の法則」

【イントロダクション】

20世紀最大の天才科学者、Albert Einsteinは、

『数学における最も偉大な発見は複利である。』

という有名な言葉を残しています。

 

資産を運用する場合、

利回りにおいて、

単利と複利という概念があります。

 

 

【単利とは】
元金(がんきん)だけに対する利子。

 

【複利とは】
複利とは、元金(がんきん)によって

生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、

元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。

したがって、各期の利子が次第に雪だるま式に

増加してゆきます。

 

 

<具体例:①>

いま元金100万円を1%で
10年間運用する前提で考えると!

単利では、
100万円×1%=1万円 (1年目)
100万円×1%=1万円 (2年目)

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

100万円×1%=1万円 (10年目)

よって、10年後には、

100万円+10万円=110万円となります。

一方、
複利では、
100万円×1%=1万円 (1年目)
101万円×1%=1.01万円 (2年目)

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

109.3685万円×1%=1.0937万円(10年目)
よって、10年後には、

100万円+10.4622万円=110.4622万円となります。

 

 

<具体例:②>

いま元金100万円を5%で
10年間運用する前提で考えると!

単利では、
100万円×5%=5万円 (1年目)
100万円×5%=5万円 (2年目)

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

100万円×5%=5万円 (10年目)

よって、10年後には、

100万円+50万円=150万円となります。

一方、
複利では、
100万円×5%=5万円 (1年目)
105万円×5%=5.25万円 (2年目)

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

155.1328万円×5%=7.7566万円(10年目)
よって、10年後には、

100万円+62.8895万円=162.8895万円となります。

 

 

<具体例:③>

いま元金100万円を10%で
10年間運用する前提で考えると!

単利では、
100万円×10%=10万円 (1年目)
100万円×10%=10万円 (2年目)

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

100万円×10%=10万円 (10年目)

よって、10年後には、

100万円+100万円=200万円となります。

一方、
複利では、
100万円×10%=10万円 (1年目)
110万円×10%=11万円 (2年目)

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

235.7948万円×10%=23.5795万円(10年目)
よって、10年後には、

100万円+159.3742万円=259.3742万円となります。

 

今、具体例を3つの例を見てきましたが、

これからわかることは、
利率が低いとその差はあまりないですが、
利率が大きくなると複利の効果がより
効いてくることがわかって頂けると思います。

 

つぎに、「72の法則」の登場なのですが、

この72というナンバーの意味は、

元本が約2倍になるような利回りと期間とが

簡易に求められる法則になります。

Case Magic number 利回り(%) Term(期間)
1 72 1 72.0
2 72 2 36.0
3 72 3 24.0
4 72 4 18.0
5 72 5 14.4
6 72 6 12.0
7 72 7 10.3
8 72 8 9.0
9 72 9 8.0
10 72 10 7.2
この表が意味することは、

(利回り)×(Term)=72となっています。

Csae1を例にとると元本を2倍にするのに

利回り1%の複利だと、72年かかるという意味です。

 

【検証】

下記の表は実際の検証結果になります。
Case 利回り Term(期間)
1 1.01 72.0 2.05
2 1.02 36.0 2.04
3 1.03 24.0 2.03
4 1.04 18.0 2.03
5 1.05 14.4 2.02
6 1.06 12.0 2.01
7 1.07 10.3 2.01
8 1.08 9.0 2.00
9 1.09 8.0 1.99
10 1.10 7.2 1.99
(利回り)の(Term)乗 = 約2.00

Case8を例にとると1.08^9= 2.00

1.08^9

=1.08*1.08*1.08*1.08*1.08*1.08*1.08*1.08*1.08

=2.00

となります。

 

これは、8%相当額で複利運用を行うと

9年で元金が約2倍になることを意味します。

 

いかがでしたでしょうか?

複利運用の効果の偉大さがお分かり頂けたでしょうか?

 

 

さて、ここからが本題になるのですが、

 

いまビットコインを使用した運用の場合、

10日で元本が113%になる方法があります。

すなわち、利回りが13%/10日という意味です。

 

72の法則から72÷13=5.5となり、6回転すれば

(60日間の運用)すれば元金が倍になることを意味します。

 

ずばりその方法とは

 

いかがでしたでしょうか?

 

もちろんリスクがあります。

投資するか否かの判断は

ご自身の判断で行ってください。

 

ちなみに、わたしは3回転目に入りました。

続報は、後のブログにて公開予定です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Sam

LINE@はじめました。



 

 

 

ブログランキング参加中です(^^♪

あなたの応援が励みになります!

【公式ブログは今何位?】


もし、
この記事を読んで、
役に立たないと思ったらスルーして下さい。
でも、
この記事が
「知らないよりは、知っていた方がよかった!」
「為になった!」
「分かり易い!」
という場合は、
是非「いいね」「シェア」「ツイート」
「メルマガ登録」をお願いします。
 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top