『夏休みに考える子育ての最大のヒント』

関東の一部では、
この週末が夏休み最後の土日となります。

 

今日は子供が、
一日に一番多く口にする言葉より学ぶ、
「子育ての最大のヒント」です。

 

突然ですが、

多くの幼い子どもが、
一日に一番多く言う言葉が何んだか
ご存知でしょうか?
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・

答えは、

「見て」という言葉です。

子供たちが、

欲しい関心のランキングは、

以下の通りです。

1位:ポジティブな関心
2位:ネガティブな関心
3位:無関心
(=彼らにとっては、構ってもらえないこと)

 

つまり、
構われないくらいなら、
叱られてもいいから
構ってもらおうとします。

 

 

子供にとって一番怖いのは、
親など大好きな人の「無関心」です。

 

そのため、
子供は「見て」という言葉で
大好きな人の注意を引こうとします。

 

★子供の「見て」に応えてあげる

=関心を持ってあげること。

自分が得意になって見せたいものを
いちばん大好きな人に見てもらう。

この行為は、すごくうれしい報酬です。

 

子どもの『見て、見て』は
大好きな人にしか言わない言葉、
つまり好かれている証拠です。

 

幼児期の子どもの「ぼく(私)を見て」という
欲求に対してしっかり相手をすることは、
その子の学習意欲や社会性の向上に繋がります。

 

まだ、言葉で会話できない子どもでも、
それをうまく表現できない子どもでも、

とにかく、
子どもたちは、自分のことを見て構って、
できれば笑いかけたり褒めたりしてほしい
と願っています。

 

 

子供を愛するということは、
子供とよく会話するということ。

 

子供の日常に関心を払うということです。

 

いつも親が見ていてくれるという安心感は、
子どもが落ち着いて物事を学ぼうとする
姿勢の基盤作りに他ならないです。

 

親の何気ない態度が、子どもに与える影響は
軽視できない位とても重要なことです。

 

★親が子供に無関心でいると…
マザー・テレサの名言にこうあります。

 

「愛の反対は憎しみではない 無関心だ。」

 

子供にとって何よりも辛いのは、
親など親近者が自分に「無関心」である
ということです。

 

赤ちゃんに無関心であると、
育児放棄・放置(ネグレクト)という
最悪な結果を生んでしまいます。

 

ネグレクトの状態が続いてしまうと赤ちゃん
は自分の心(気持ち)を放棄してしまい、
表情はなくなり、そしてやがては泣かなく
なってしまいます。

 

ネグレクト(neglect)とは、

英語的には、「無視する」ですが、
これは非攻撃的ではありますが、
虐待のひとつとされています。

 

喜怒哀楽の少ない「もの静かな赤ちゃん」は、
一見手のかからない「お利口な赤ちゃん」
に見えますが、

親からの愛情を非常に感じにくい状態となり、
自分の気持ちを心の奥底にしまいながら
成長してしまいますので、

大きくなるにつれ、
やがては、心の問題が表面化してきます。

 

無関心は、
その対象の存在すらを認めていないのです
から、対象に対する思いはないのです。

 

「無関心には、愛はありません。」

 

★最も最悪なこととは、

子供が悪い事をした時だけ関心を払うケース
だと言われています。

よくあるケースは、

忙しくて、子どもたちが良い子にしている間
は放っておいてしまい、何か問題があるとき
だけ子どもに注意を払っている状態が続いて
いるケースです。

 

このことを繰り返しているうちに、

子どもたちは、「関心をもってもらうためには
「何か悪いこと」をしたり言ったりしなくては
いけない」と考えるようになり、そういう行動
パターンを繰り返すようになります。

 

まさに、負の連鎖となり悪循環です。

 

子供の悪い面を直そうとして注意するのは
逆効果となります。

 

むしろ、悪い面には無関心で
いるくらいが重要です。

悪い面を見ても気に留めないようにするのです。

 

 

★では大切なこととは、

忙しくても、
「見て」に応えてあげることが大事です。

 

何時間も付き合う必要はありません。

 

ほんの少しの時間でいいのです。

 

可能なときには、応じてあげることです。

 

子供は親に反応してほしくて
やっていることなので、

「何?何?」
「わぁすごい」

とむしろOverreactionしてあげるくらいが
理想的な親のReactionです。

 

忙しいとき、できないときには「あとでね」
でもよいので、とにかく親のReactionが
大切です。

 

子どもが「見て見て!」と盛んに言ってくる
時期は、子育ての中でもそう長くはありません。

 

忙しい手を少し止め、
できるだけ、子どもと向きあってあげる
努力や工夫をすることが、

 

親として、
もっとも大切なこととわたしは考えます。

Sam

もうこちらの情報は、チェックされましたか?

ワンクリックチェックビジネス

 

ブログランキング参加中です(^^♪
ぽっちっとひと押しお願いします。

One Response to “『夏休みに考える子育ての最大のヒント』”

  1. ヒロヤス より:

    Samさん、こんばんは^^
    ヒロヤスです。

    「愛の反対は憎しみではない 無関心だ。」
    確かにそうなのかもしれませんね。

    今でもうちも娘は少しでも一緒にいる時間で
    関心をとろうとします。

    この記事を読んで
    そんな時間を大切にしたいなと思いました。

    ありがとうございます。

    応援して帰ります。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

RightRiseの登録はこちらからどうぞ ↓↓↓↓↓

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

LINE@お友達募集中です。

https://line.me/R/ti/p/%40zcz6922b

Back to top