『「 時間の使い方が上手な人」から学ぶべきこと 』

Sponsored Link

1日は24時間です。

 

これは万人に共通してることなのに、

人によって、

時間の使い方に上手、下手と差がでてきます。

 

 

時間の使い方は、人生を大きく左右します。

また、

時間の使い方は、人生の使い方とも言えます。

 

時間は、私たちの主たる資本。

残念ながら、

 

Albert Einsteinの仮説

 

『The principle of the constancy of the velocity of light.』

(光速度不変の原理)が覆されない限り、

 

それを止めることも、

貯蓄することも、

買うこともできません。

 

 

それなのに私たちは、

知らず知らずうちに

不必要な習慣によって、

この「時間」を無駄遣いしてしまっているのが現実です。

 

 

「一生に使える時間」を意識しているかどうかは、

時間の使い方や仕事の進め方

に大きな違いが生じてきます。

 

そこで、時間の使い方が上手な人が

行っていることを考察してみます。

 

 

① 絶えず2つのことを同時に行っていて、

スキマ時間も上手に活用している。

家事をこなしながら、

資格試験用教材の音声を聞いたり、

通勤中に書物を読むなどです。

 

 

短時間でできるものがあれば、

電車の待ち時間などふいに訪れた「スキマ時間」

に行えることもたくさん見えてきます。

 

仕事も、

似た内容の仕事は同時進行する

など一工夫が必要です。

 

 

② 計画性があり、物事が逆算して考えられる。

 

「段取りは逆算して決める」

これから1か月で何をすべきか、

来年1年で何を優先して進めるべきか?

 

少し先の将来を想像してそのために

今、何をすべきかを逆算する。

 

そして、今やるべきことを決めていく。

 

1つのことに延々と時間を

かけられる訳ではありません。

 

様々な期限から逆算し、

1つのことにかけられる

時間を決定してゆきます。

 

 

③「あとまわし」にしない。

思い立ったらすぐ実行する。

 

いづれどうせやらなければならないことは、

先にかたずけてしまうこと。

 

「いつかやろう」

「後でやればいい」

 

なんて言葉は出てこないし、

決断・行動がとにかく早いのが特徴です。

 

「思い立ったが吉日」

 

なにか物事をしようと思い立ったら、

その場でやってしまうような癖をつけること。

 

 

④ 時間配分を考え、出来るものからこなして行く。

1つ1つの作業時間を割り出し、

今、

この瞬間に始められることからこなしてゆく。

 

何がいつまでに必要であり、

そのためには何をカットしなければならない

か常に考えておく必要があります。

 

時間の使い方は人それぞれですが、

「時間は有限なのだから、1分1秒を無駄にしない」

「時間を使ってお金を増やせても、

お金を使って時間は増やせない」ということ。

 

その日、

その時の感情が1日を作り、

その積み重ねがあなたの未来を育んでいきます。

 

だからこそ、

忙しくても、

時間が無くても、

 

今、この時を、

その日、その時を思い切り楽しむ

ことを忘れないこと!

 

「余暇の時間」か、「無駄な時間」か、

どちらか分からない場合は、

お金を払ってでもその時間がほしいかと

考えると、おのずと本当に価値のある時間

なのかどうかがわかります。

 

Sam

ブログランキング参加中です(^^♪
【公式ブログは今何位?】



Facebookのお友達を5,000人にする方法
無料プレゼント中です。

Sponsored Link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top