『 知覚動考で一番大事なことは 』

知覚動考とは?

 

仏教や禅の言葉で、

「知って→覚えて→動いて→考える」

という意味です。

 

多くの人は、

① 物事を知って

② 覚える

③ この後に考えてしまい、立ち止まって考えて

④ その後に、動こうとします

知覚考動 ← 順番に注目!

 

このパターンに陥りがちです。

 

いくら知っても、いくら覚えても、

行動しなければ結果は変わりません。

 

 

最初の一歩を躊躇し、

なかなか踏み出せない人は、

始める前にあれこれ考えすぎる

ことが多いようです。

 

「うまくいくかな?」

「大丈夫かな?」

「タイミングを見てから行動しようっと」

「今は他にやるべきことがある」

「モチベーションが上がったら始めよう」

・・・などなど。。

 

やってみて、

初めてわかることもあります。

 

・やらないで後悔する

・やって後悔する

 

に通じるところもあるかもしれません。。

 

「悩んで動かず」よりも

「動きながら気付き、考える」

 

という選択肢が、

この情報社会の今の時代においては、

特に重要なことのようにおもいます。

 

ここで勘違しては、いけないのは、

無闇に何も考えずに行動する

ということではありません。

 

「計画し実行してみるものの、

やりっぱなしで検証・修正がなく成長がない」

 

「覚えておき、今度やろうと思うものの、

結局、忘れてしまい実行に至らない」

 

「勉強好きで情報収集はするが、

そのことに満足してしまい

すぐに頭から抜けてしまう」

 

人それぞれ考えがあると思いますが、

まずは行動する事がなにより重要です。

 

行動する前に考える事で多少リスクは

軽減できるのかもしれませんが、

たいていの場合、考えた事とは別の方向に

ことが進んでしまうことがしばしばです。

 

 

「知覚動考」は、

実は、別の読み方をすることもできます。

【知:とも
→覚:かく
→動:うご(く)
→考:こう】

「ともかくうごこう!」になるのです。

「ともかく動いてみる」。

 

すべては、そこからはじまり、変化が生まれます。

 

何かをやろうと思っていながら、

動けていないことは、ないでしょうか?

 

感じた事や思ったことを行動に移して

そこから何か得られる物がきっとあるはずです。

 

悩んでいる時間がもったないです。

 

悩んでいる時間があるなら、

いろんな事をためしてみましょう。

 

実際に問題が起きたら、工夫をして乗り越える

これを繰り返す事で、あなたの人生は

間違いなく、よい方向にすすんでゆきます。

 

Sam

今、公式メルマガにご登録頂くと、
誰でも、リスクなしに『30,000円』手に入れることが
出来るノウハウを期間限定、
無料でプレゼントさせて頂いてます。
公式メルマガ

ブログランキング参加中です(^^♪
【公式ブログは今何位?】


好評の
Facebookのお友達を5,000人にする方法
を無料でプレゼント中です。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top