『イソップ寓話からの学び シリーズ③』

イソップ寓話シリーズ第3段になります。

 

『イソップ寓話』の「塩を運ぶロバ」

「カエルとウシ」とお届けしてきました。

 

実はこれらは、

仕事、恋愛、人間関係がうまくゆくために

という切り口で考察してみました。

 

今回は、シリーズの3話目の作品として、

・自分の行動の取り方次第で相手の態度も

変わるかもしれない?という意味で、

「キツネとツル」のお話です。

 

 

すでにご存知の人も多いかもしれませんが、

ある森に住んでいたキツネとツルが主人公です。

 

 

お互いにどんなものを食べているのか興味を

もったふたりは、相手を食事に招待すること

にしました。

 

 

最初に招待をしたのはキツネです。

 

キツネは自分がいつも使っている平らな

お皿にスープを載せて出したため、

くちばしが長いツルはまったく料理を

味わうことができませんでした。

 

別の日、

今度はツルがキツネを食事に招待しました。

 

ツルは長くて細いツボにスープを入れて

出したため、キツネはツボに顔が入らず、

まったく料理を味わえませんでした。

 

このキツネとツルはどちらも似た者同士です。

 

職場でも人間関係でも

「この人、なんだか苦手だな」と思えば、

それが相手にもなんとなしに伝わるもの。

 

類は友を呼ぶといいますが、

小さなことでいがみ合っている。

 

キツネとツルの話は、

同じタイプの人間を自分で引き付けている

とも解釈できます。

 

つまり周囲の人間関係は、

自分によってもたらされているといっても

決して大袈裟ではないのかもしれません。

 

友人があなたに親切にしてくれるのも、

元をたどればあなたが友人と仲良くなりたい

と思った瞬間が必ずあったはずです。

 

もし毛嫌いしている人がいるなら、

まずは自分の態度を見直すことで、

相手との関係も少しずつ変わって

いくかもしれません。

 

すなわち、

・自分が変わることで世界は少しずつ変わっていく

イソップ物語を読んでいくと、

自分に似た性格のキャラクターが、

ひとつやふたつ出てくる人も多いので

はないでしょうか。

 

たとえ物語とキャラクターが

いまの自分の欠点と重なっても、

その欠点に気づくことができた

あなたはすごくラッキーです。

 

いまからでも自分が変わる努力をすることで、

いまある仕事、恋愛、人間関係の環境も

少しずつ変わっていくはずです。

 

気になる話があった人は、

懐かしさも込めて、

もう一度、いまの自分を振り返るように

読んでみるのも悪くないかもしれませんよ。

 

Sam

今、公式メルマガにご登録頂くと、
誰でも、リスクなしに『30,000円』手に入れることが
出来るノウハウを期間限定、
無料でプレゼントさせて頂いてます。
公式メルマガ

ブログランキング参加中です(^^♪
【公式ブログは今何位?】


好評の
Facebookのお友達を5,000人にする方法
を無料でプレゼント中です。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top