『人に教えることの重要性について』

どのような組織にも、

「教えるタイプ」



「教えないタイプ」

の方がいるかと思います。

 

例えば、技術者であれば、
自分が時間をかけて学んだことを
簡単には教えたくないなどと、
そう考えるのは自然なことです。

 

 

しかし、
実際には、
知識や学んだことを他人に教えた方
が良い効用をもたらします。

 

今日は、そんなお話しです。

 

世の中には、「人に教える」
といったことが、苦手な上司が
多いのが実態です。

 

さらに、自分の学んだことを、
何1つシェアしないどころか、
ほとんど誰にも教えない方がいます。

 

これとは対照的に、
こう言ったお話しがあります。

 

ある人は、
「知っているすべてのこと」
をブログに書くようになりました。

 

そのブログはすぐに人気が出て、
大勢のファンを獲得するようになりました。

 

このように、
人に教えることは、
自分にとっても
大きなメリットになります。

 

世の中の様々な分野で
成功している人は、
利益を独り占めしません。

 

★人間関係において、「ひろがり」ができます。

色んな人に分かち合うことを考える人は、
目先の利益は取れないかもしれませんが、
多くの人から慕われ、逆に、お客さんが
集まるようになります。

 

教えれば教えるほど専門家として見られる
ようになるのです。

 

そして、
専門家として見られるようになれば
なるほど、教える機会が増えてゆきます。

 

このような機会により多くの人に教える
ことで、あなたのことを専門家だと見る人
(ファン)が増えていきます。

 

このような広がりは、
フリーランスで働いていて、
大きなクライアントとの仕事が
したい人には特に有効です。

 

 

★自分の「学びの機会」になります。

他人に教え始めた方がいい別の理由には、
それが、自分の学びにもなるからです。

教えることにより、素材を構成する
論理力が必然的に身についてきます。

なにも知識がない人に教えるということは、
まずは、取り扱う製品(商品)について
「理解」していなければなりません。

人に「教えること」ができれば、

自然に、

「人に正しく伝える」
「物事を体系的に考えられる」
「自分の課題を発見できる」

これらのことが身につき、教える人や
教えられる人のお互いにおいて成長する
ことができます。

 

 

★自分の知識を棚卸し、整理することができます。

まずは、相手の身になって、

自分の知識を「整理」し直さなければなりません。

このことは、研究結果においても証明されていて、

 

人に教える過程で、
自分の理解の足りない
ところを再認識したり、
頭の中で情報をより
整理したりすることできます。

 

他人におしえることで、
本人が仕事の意味や作業の目的を考えるようになり、
より「効率的・効果的」な仕事ができるよう
になるのです。

 

 

★教えることを前提に立つと、

インプットの時の意識も変わってきます。

あとで、「誰かに教える」と思えば、
最初から重要なポイントを意識し、
頭の中で整理しなければならないと
分かっているからです。

後で誰かに教えるかもしれないと思っていると、
最初からより情報を吸収しやすくなります。

 

これは、
ある意味新しい勉強法のようにも思えます。

あなたも是非、
あなたの知識やスキルを人に発信して、
活用してみてはいかがでしょうか?

 

Sam

P.S.
今週のおすすめの1冊

【公式ブログは今何位?】


海外旅行で権利収入 Project公開中
気になる方はこちらからどうぞ
⇒ 海外旅行で権利収入 Project

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top