『 「宝くじ」夢を買う値段はいくら? 』

昨日から、
年末ジャンボ宝くじが発売になりましたね。

 

もうすでに買われた方、
これから買う方様々だと思いますが、
宝くじを「期待値」の概念で考察して
みたいと思います。

 

ということで、
今回のお話しは、「期待値」です。

 

あまり聞きなれない方も多いかと思いますが、
私は、数学好きで、以前一度、
この計算を行ったことがあるのですが、
あまりにも期待値の低さに驚愕しました。

 

期待値とは、
ひらたく言ってしまうと
確率の重みで平均した値です。

 

投資したお金の戻ってる「見込み」
の金額をあらわしたものです。

 

具体的に、
過去の年末ジャンボのケースを例にみてゆきます。

 

販売された総額は、
28ユニット 2,000万枚になります。

1枚300円で販売されているので、
総額額は、なんと1,680億円となります。

 

もの凄い金額ですね。

 

当選金額と本数の関係は、

・1等:700,000,000円/27本
・1等前後賞:150,000,000円/54本
・1等組違い賞:100,000円/5373本
・2等:10,000,000円/540本
・3等:1,000,000円/5,400本
・4等:50,000円/54,000本
・5等:3,000円/540万本
・6等:300円/5,400万本
・70周年記念賞:700,000円/10,800本

となります。

 

宝くじの発売元(全国自治宝くじ事務協議会)
が準備しなければならない当選金の総額を
計算してみると。

約810億円となります。

 

宝くじの発行枚数は
28ユニット×2,000万枚 = 560,000,000枚
となります。

 

つまり、
宝くじ1枚当たりに平均して
割り当てられる当選金額は、

約810億円 ÷ 5億6,000枚 = 約145円

約145円ということになります。

 

あくまでも数学的な解釈ですが、
1枚当たり300円を支払って、
平均145円の当選金がもらえることを
期待する意味になります。

 

ちなみに

1等の当たる確率は
2,000万分の1

2等の当たる確率は
1,000万分の1

東京都の人口が1200万人位なので、
東京都の全員が購入しても
当たるのは、1人か2人の計算なんですね。

 

こうして数字でみてみると
宝くじが当たらない?という理由が
納得して頂けるのかもしれません。

 

立場を変えて考えてみると、
宝くじのビジネスモデルって

 

今回のケースでみると、
1枚販売すると毎に、155円の利益
が発生するということです。

 

今回のケースですと約870億円の利益
ということになりますね。

 

これらの利益は、
公共事業等に公正に使われること
になるわけですが、

 

宝くじを別の目線からみることで
新たな発見がありますね。

 

そもそも宝くじとは、夢を買うもの。

 

当たっている方が、
いらっしゃるのも事実なので、
まったくもって個人の自由だと思います。

 

お金持ちの人は、
宝くじは買わないと言われますが、
期待値の概念から考えると、
予想リターンがマイナスなものへの
投資はビジネス目線では、対象外は
納得できますね。

 

 

今日も最後まで
お読み頂きありがとうございました。

Sam

P.S.
クリスマスまで、
いよいよあと一か月となりましたね。

ということで、
みなさんにクリスマスプレゼントです。

『 期待値:30,000円 ~ ∞ 』

プレゼントなので、もちろん無料です。

ただし、期間限定12月25日までとさせて頂きます。

実践すれば、必ず成果が出るマニュアルです。
しかし、行動しないとリターンもありません。

クリスマスプレゼント フォーム
30,000円 Get で 宝くじ100枚買えます。

 

ブログランキング参加中です(^^♪
ひと押し頂くと嬉しいです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top