『思考の言語化を習慣にする方法について』

思考の言語化とは?

 

言語化、すなわち、

 

言いかえるとアウトプットをすることです。

 

あなたの考えを整理するためには「言語化」
がとても大切なポイントとなります。

 

思考の深度を左右するのは言語化の力だと
考えられています。

 

記憶や理解を自分のものにするには
「自分で言葉にすること」が必要とされ、
同様に深い思考をもたらすのは
「言語の力」が必要となります。

 

ではなぜ「思考の言語化」が大切なのか?

 

言語化できていないことは、
身についていないのも同様とされます。

 

同様に、言語化できていないことは、
壁として認識されず超えることができない。

 

課題を言語化しなければ、成長はできません。

 

言語化とは抽象化の力のこと。

 

思考の深度とは、抽象化能力のことで、
できる人はこれに長けていて、
伸び悩む人は、この力が弱いとされています。

 

「頭の中を整理し言語化すると、
問題のほとんどは解決する」ということ
になります。

 

言語化ができている人と話すことは面白く、
どのような環境でも自分らしく働き、
楽しく生活を営んでいるという印象が一般的
にはあるようです。

 

また、

 

現代のインターネット時代になって、
考える力が弱まったという認識が一般的に
広まりつつあります。

 

というのも、

 

理解力や思考力を磨くためには

ただ話を聞いたり本を読んだり

映像を見たりしているだけではダメで、

「考えること」



「情報収集」

がごっちゃになっているようです。

 

「情報収集」は自体は思考ではありません。

収集した情報を基に始めて思考が始まります。

 

ではここで、

「思考の言語化」習慣を身につける
トレーニングについてシェアしたいと思います。

 

観たり、聞いたり、感じたりしたことを
100字以内でまとめる。

 

このことにより、伝えたいことを
素早く形にする思考回路は強化され、
ボキャブラリーや表現力も身に
つくようになります。

 

文章を音読することは言語化を鍛えるのに
もっとも適した方法です。

 

人に教える事を前提としたマニュアルと
言う形で文章化してみる。

 

言語化能力を磨くには言語化を徹底的に
行うしかなく。

 

問題を解くだけでも、
読書をするだけでもダメなようです。

 

書くということにより、
確実に「思考の言語化」
身につくようになります。

 

とにかく書くという行為によって、
自分の考え方を客観的に捉え、
更に複雑な考え方ができるようになります。

 

常に思考をしっかりとした言語にして
考える力をモノにしたいですね。

 

Sam

P.S.

クリスマスプレゼント無料配布中!
ただし、期間限定12月25日までとさせて頂きます。
実践すれば、必ず成果が出るマニュアルです。
しかし、行動しないとリターンもありません。

クリスマスプレゼント フォーム
30,000円 Get で 宝くじ100枚買えます。

ブログランキング参加中です(^^♪
ひと押し頂くと嬉しいです。

One Response to “『思考の言語化を習慣にする方法について』”

  1. 福山 紫生 より:

    こんにちは。ランキングからきました。

    やはり、言語化にすることが大事ですよね。
    イメージがわかないと動きずらくなりますね。

    気付きをありがとうございます。
    応援して帰ります。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

RightRiseの登録はこちらからどうぞ ↓↓↓↓↓

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

LINE@お友達募集中です。

https://line.me/R/ti/p/%40zcz6922b

Back to top