『 知っておきたい「厄年」のこと 』


今年も残すところあと、2日となりましたね。

新しい年が明けてしまう前に、

チェックしておきたい事ということで。

 

そもそも厄年って?

 

「厄年」は、

人間の一生のうち、厄難が起こるとして、

忌み慎まなければならないとする年齢です。

 

 

科学的根拠がなくても、

なんとなく気持ちが重くなってしまいますね。

 

 

まず「厄年」とは、

厄災が多く降りかかるとされる年齢のこと。

 

日本には古来より、

特定の期間(年齢)を「厄年」として

忌み慎むならわしがあります。

 

平安時代にはすでに存在し、

科学的な根拠が不確かで起源も曖昧だが、

根強く信じられている風習があったとのことです。

 

今日のEye Catch画像をご覧になって頂くと。

厄年の年齢は、

基本的に男女別に考えられています。

 

数え年で、

男は25歳・42歳・61歳、
女は19歳・33歳・37歳。

 

男性の42歳と女性の33歳は四二

(死に)三三(さんざん)といって大厄とされ、

その前後の年を

前厄・後厄として3年間身を慎しみます。

 

前厄は厄の前触れが起こるとされる年で、

後厄は厄が薄れていく年とされ、

本厄は特に気を付けないといけない年とされています。

 

結婚している人は、

相手が大厄の年齢になると、自分が小厄に!

厄年って、

どんなことが起こりやすいと言われているの?

 

困難や不幸が訪れる、

またそれらが重なりやすいと言われている厄年。

意固地になりやすく、行動が裏目に出やすい

自分の弱点、特に精神的弱さ、

肉体的弱さが表れやすく、

苦労する判断力も鈍っていたり、

何が起こるか分からなかったりする時期

「ケガをした」「彼氏と別れた」

「仕事がうまくいかない」

離婚率も厄年に当たる31~33歳が

トップのようです。

 

男性の大厄42歳前後では、

大腸ガン、喉頭ガンの発生率が

とても高くなっています。

 

離職、リストラ、不倫、離婚と

災難がふりかかってくるのも事実。

暗くなりがちですが、

人生を見つめ直すキッカケなれば幸いです。

 

自分の人生を良い方向に変えるためのチャンスと

ポジティブに物事を捉えることが

非常に重要に思います。

 

あまり神経質になることなく、

指針としてとらえて、

うまく活用することをお勧めします。

 

Sam

【公式メルマガ】はこちらから

ブログランキング参加中です。
ひと押し頂くと嬉しいです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

RightRiseの登録はこちらからどうぞ ↓↓↓↓↓

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top