iPhoneを世界一のスマホにしたAppleの秘密とは?

 

9月にiPhone8が
リリースされるという
ニュースが話題になっていますね。

 

街を歩いていて、
iPhoneを見ない日がないぐらい、
日本でも普及しています。

 

そこで、あなたに質問です。

 

世界中で、
あなたはiPhoneが何台
売れたのかご存知ですか?

 

少し、考えてみてください。











 

なんと、10億台です。

 

その10億台というのは
歴史上最も売れた商品であると言われています。

 

2位はハリーポッターで
4億5000万部。

3位はプレーステーションで
3億8200万台です。

 

2位と倍以上の差があります。

 

しかも、今でも販売台数を増やし続け、
一番新しいiPhone7だけでも、
7,892万台ほど販売されています。

 

2007年の発売から約10年。

今はなきスティーブ・ジョブズが生み出した
iPhoneですが
アップル社がiPhoneを導入した際
脳科学を使ったある価格戦略で売上を上げました。

 

その価格戦略によって
3日で100万台のiPhoneを販売し
それは今でも使われ続けています。

 

それは,
「脳科学マーケティング100の心理技術」
のP.37に記載されています。

 

=======================

マーケターは、お客にその商品に対する
アンカー価格というものを植えつけている。

アンカー価格というのは、
商品の値段の基準だ!

あなたが、
商品の価格をつけるときにも、
競合の商品の値段や、
地元最安値を意識すると思いますが。

 

その意識される価格が
アンカー価格といわれるものです。

 

そのアンカー価格に、
Appleの成功の秘密が隠されています。

 

Apple社は初代iPhone
を販売するときに、
5万円から6万円という金額にしました。

 

当時、その高額さから、
アメリカ中の新しいもの好きが、
悔しがっていました。

 

しかし、Apple社は、
その数ヶ月後、
iPhoneの値段を
2万円値下げして、
お買い得に見せて
販売を促進したのだ。

 

つまり、
Appleは高いアンカー価格を
設定して、
お客にお得感と満足感を売りました。

 

他にも、最初に高い金額を
アンカー価格として、
お客に覚えさせるのには、理由があります。

 

それは、需要曲線を
マーケターが支配するためだ。

 

最初は、
高い値段でも買いたいという
お客にアピールし、
その後、値下げして、
多くのお客にアピールするといったものです。

 

新商品を販売するときに
この方法は、
非常に有効で、
最初に高い金額でアンカーしておくと、
値下げした時にお客のお得感が増すからです。

 

==========================

 

今の不景気の時代に、
最初から高い価格設定にするのは、
勇気がいることだと思います。

 

しかし、
脳科学的に、お客を満足させ、
あなたの商品を喜んで買うように
するには、この「アンカー価格」戦略
は非常に有効なのです。

 

もし、あなたが、
商品を開発し、
価格をどうしようか悩んでいましたら、
使ってみてください。

 

他にも、、、

 

・〇〇の写真を使えば注意が惹ける?
・お客が買わずにはいられなくなる質問
・〇〇を商談の場に持って行ってはダメ!

などの脳科学マーケティングの
知識があります。

詳細はこちらをクリック

脳科学マーケティング100の心理技術
是非、チェックしてみてください。

Sam

ブログランキング参加中です(^^♪
【公式ブログは今何位?】


 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top