『「常温販売」の夏がやってくる!?』

自動販売機に第3の選択肢「常温」が登場した
のをご存知でしょうか。

わたしは、まだ見かけたことがないのですが。

先日、大手飲料メーカーのアサヒ飲料が
今年4月より常温対応の自動販売機の設置を
展開していること発表しました。

ホット(約50度)とコールド(約5度)
の2つの温度帯に加え、新たに常温(約20度)
の飲料を提供できる自動販売機の設置を
進めているそうです。

具体的には、
「おいしい水」
「アサヒ 十六茶」
「なだ万監修 旨みの日本茶」
といったミネラルウォーターや茶系飲料を
常温で提供しているようです。

消費者の反応は意外といいようで、
常温の飲み物は意外と需要があるという
ことになります。

自動販売機に新たなジャンルが登場という
意味において、ある意味、革命的なのかも
しれません。

同じ商品でも、切口の違った視点で、
販売戦略に取り入れる点でビジネスの
ヒントになりそうです。
<常温ドリンクのニーズについて>

喉が渇いたけどお腹を冷やしたくない、
というニーズは、男女問わずあること。

結露することで周囲がぬれるのを嫌う人
以外と多いようです。

また、
女性を中心に夏場に需要が高まるといい、
専用コーナーを設けるコンビニエンスストア
出てきています。

<常温の飲み物のメリットとは>

常温が「女子力」を高めると言われています。

美容や健康を気にするモデルさんの中では、
常温の飲み物が定番となっている点。

冷たい物を摂取しすぎると美容の大敵である
「冷え」に繋がってしまう。

肩こり、生理痛、肌荒れ、むくみ、
便秘、疲れやすい、だるいなどなど、
女性なら誰しも1つは当てはまるこうした
不調は「冷え」が原因と言われています。

・胃への負担を軽減する

冷たいものは、
胃を収縮させ、消化吸収をにぶらせます。

冷たい水をたくさん摂取すると、
体の深部体温が一時的に下がり、
胃の消化能力などが低下してしまう。

飲み物は常温の方が、
胃に負担をかけず代謝にも良いということで
健康的な面から注目されています。

さらに、
代謝を高めてダイエット効果が期待されます。

冷たい水を飲むと胃腸の動きが弱まったり、
カラダを冷やして代謝を落とす原因になります。

冷たい飲み物は体を冷やし、内臓周辺に脂肪を
蓄積しやすくしてしまいます。

常温かぬるま湯で飲んだ方が体を冷やさずに
済みますので、代謝機能を維持できます。

このように、常温のメリットたくさんあります。
これから夏本番、
エアコンでひんやりしているビルやオフィスで
働く方々や、健康志向が高まる中、特に女性の
方にとっては、朗報となりそうですね。
Sam

ブログランキング参加中です(^^♪
【公式ブログは今何位?】

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

RightRiseの登録はこちらからどうぞ ↓↓↓↓↓

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

LINE@お友達募集中です。

https://line.me/R/ti/p/%40zcz6922b

Back to top