『あまりに基本的な柔軟性の4つのルール』

こころにおいても、からだにおいても、

「柔軟性」は非常に重要な要素です。

 

 

柔軟性を欠いてしまうと、

困難に直面した時、

ポッキリ折れてしまったり、

回復不能なダメージを受けかねません。

 

 

今日はそんな柔軟性のお話しです。

 

真面目なだけで柔軟性がない人は、

不遇な目にあいやすい傾向にあります。

 

逆に、

臨機応変に対処していける人は、

どの環境においても必要とされます。

 

 

 

では、

 

4つのルールをみてゆきます。

 

★「ブレない」けれども、「柔軟性がある」

 

「ブレない」ということと

「柔軟性がある」ということは、

一見相反するような気がしますが、

両方を持ち合わせている人はいます。

 

柔軟性とは柔らかくしなやかに対応できる

性質のことをいい、強い外力に対して、

柔軟にたわんで受け流し、折れずに元に

戻ることができる。

 

 

イメージは竹です。

 

しなやかに真っ直ぐ伸びますが、

風や嵐には柔軟にたわんで受け流して

折れもせず風が止んだら元の直立に戻ります。

 

 

 

★相手の話をキチンと聞けて尊重できる

相手の言い分を聞いて、道理があると思えば

「譲る事」ができる。

 

核たる考え方があって、譲れるものは譲る。

というのが、柔軟性です。

 

即座に拒否するのではなく、

そのような考え方もあると

まずは一旦受け止め、

そして様々な角度から

 

メリット、デメリット

を評価して自分なりの結論を出します。

 

 

 

★自責、臨機応変、他者から学ぶ姿勢が強い

トラブルや不確定なことに対して、

「臨機応変」に対応することが出来る。

変化に応じて優先順位を考慮し、

常に主観であることを疑い、

客観的な意見を

受け入れることができます。

 

 

まずは自らの考えの中の思い込みを排除する

ところからはじめます。

 

自分以外の人から学ぶ姿勢が強く、学んだ

良い点に「自分のオリジナリティを付加」

して、新たなものに進化させる術を持ち合

わせています。

 

 

 

★ネガティブな状況下でも、

「挑戦」するマインドを持つ

前提条件や計画に「不備」があっても、

まずは行動を開始しすること

つまり、このことが柔軟性です。

 

 

それは、

「ネガティブな状況」を受け入れら

れることでもあり、そこから学びや成長に

繋がってゆきます。

 

わたしには柔軟性がない、という場合でも

「挑戦」する気持ちを持っていればよい。

 

簡単に言えば、何でもやろうとする姿勢が

大切になってきます。

 

理不尽なことでも「自分の試練や課題」と

捉え可能なことを実行することが大事です。

 

 

最後に、

気を付けないといけないことは、

固定観念に固執して、

変化に対応せず、

自らの間違いを知りながら、

自分の意見を変えないというのは、

孤立を招いてしまいキャリアの機会を

狭めることになっても、

広げることは決してありません。

 

ビジネスや人間関係においても、

「柔軟性」の要素はとても重要ですね。

 

Sam

ブログランキング参加中です(^^♪
【公式ブログは今何位?】



Facebookのお友達を5,000人にする方法
無料プレゼント中です。

One Response to “『あまりに基本的な柔軟性の4つのルール』”

  1. ゆき より:

    Samさん、こんばんは^^

    特に最初の
    「ブレない」けれども、「柔軟性がある」
    という部分は今まさに私の目指している部分です。

    柔軟性がありすぎて、
    ブレてしまってはダメだと思いますし、
    ブレないけど柔軟性がないのもダメですし・・・

    しっかりとブレない軸があって、
    更には柔軟性に富んでいる、
    そんな人になりたいと
    日々精進しているところです^^笑

    基本的な柔軟性の4つのルールを心に置いて
    素敵な人になれるようになっていきたいと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Profile

icon_OK_long20160315

Sam

元エリート銀行マンが教える
「ネットビジネスを本業へ」

自身のリストラの経験を
元にネットビジネスでの
マネタイズやマインドを
紹介してゆきます。


詳しくはこちら

LINE@お友達募集中です。

icon_OK_long20160315

LINE@

ブログランキングは?

Tag cloud

ブログサークル あんてな

スポンサーリンク集

あなたにおすすめ商品

Back to top